ラーメン さんさん

投稿日: 更新日:

国立駅の北側を出てすぐ右に曲がり、50mくらい進んだ右手に、
ラーメン「さんさん」があります。

のれんをくぐり、扉を開けると扉に設置してある鈴がチリンチリンとなり
主人が「いらっしゃいませー」と軽いタッチで迎えてくれます。

カウンター6席くらいの小さなラーメン店で、店の一番奥が厨房になっていて、
カウンター席からは厨房は見えません。

注文時、ラーメンを手渡すとき、お会計以外は、主人は厨房から姿を見せません。

店主はシャイなのでしょうか?
それとも、せまい店なので店主の目を気にすることなく食べてほしいという、
店主の気遣いなのでしょうか?

さて、このラーメン「さんさん」の最大の特徴は麺にあります。

卵麺は卵麺と蕎麦粉入り麺の2種類があり、オーダー時に選ぶことができます。
卵麺はいわゆる普通の麺です。。。
蕎麦粉入り麺はその名の通り、見た目も味も蕎麦です。

ラーメンのメニューは、支那蕎麦、つけ麺、カレー蕎麦の3種類です。

スープは超あっさり系の魚介醤油味なので、女性でも最後まで飲めちゃいます。
カウンターにコショウと七味があり、自分で好みの味にすることができます。

全体的にあっさりしたスープなのですが、支那蕎麦よりつけ麺のスープの方がやや濃い味で酸味があります。
スープがあっさりしているのと、蕎麦麺が以外にお腹にもたれないため、
麺の量は支那蕎麦よりつけ麺の方が多いと思うのですが、サラッと食べられますよ。

他に、サイドオーダーとして隠れた人気なのが、チャーシュー丼です。
ラーメンのチャーシューを、ごま油で炒めてごはんに乗せてあるシンプルな丼ですが、
食べだすとなぜか止まらなくなるのです。

お茶碗サイズなので、女性もよくオーダーしていますよ。
チャーシュー丼は数量限定のようで、少し遅い時間になると売り切れてしまいます。

どうしても食べたい方は、早めの時間にお店に行かれることをオススメします。
日によってバラバラなのですが、20時~21時くらいに売り切れることが多いようです。
でも、先日22時過ぎに注文したときは大丈夫だったので、絶対というわけではありません。

「さんさん」のメニューには餃子が無いのに、なぜかカウンターにお酢が置いてあります。
最初はどうして?と思ってましたが、その訳が分かりました。

八王子ラーメンというご当地ラーメンがあるのですが、
八王子ラーメンはスープに好みでお酢をかけて食べるんです。

スープにお酢をかけると、サッパリしてすごく食べやすくなります。

さんさんにあったお酢をかけると、八王子ラーメン風の味も楽しめちゃいます♪

ぜひ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中