富士見通り(国立市)

投稿日:

国立駅の南側ロータリーより放射状に、大学通り旭通り富士見通りと3つの通りがあります。

南側、谷保方面に真っ直ぐ伸びているのが大学通りで、
その右側、南西方面に伸びる通りが「富士見通り」と呼ばれています。
左側には、「旭通り」と呼ばれる南東方面に伸びる通りがあります。

富士見通りと呼ばれるようになったのは、西方面に富士山が見えることからです。
なんでも、国立市の街の計画時に、そこまで計算されていたのだそうです。

実際に、国立駅前のスーパー西友の前くらいから、
本当に富士山が見えるのか検証してみました。

西方面に向かって道路の左側に立つと、
富士見通りがずっとまっすぐ続いた先の右側に、たしかに富士山が見えました!
真ん中、または右側に立つと見えません。

とくに、夕方に西の空が真っ赤に染まる頃、富士山の影が黒く映り絶景です。

何気ない毎日で、ふと富士山を見るだけで、なんだかホッとします。
どうしてなんでしょうか?

この眺望は、無くなって欲しくないですねー
どうかマンションなど、高い建物が建たないように・・・密かに想う次第です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中